若い頃は厚化粧に見えたメイクも、年を経ると似合ってくる!


若い時よりも、40歳を過ぎた頃から更にメイクが楽しくなる!?

でも、ここ数年、特に40歳を過ぎてから、自分自身のメイクが楽しくなってきた気がする。というのも、若い時よりも、化粧が似合うのだ。若い時はいっぱいすればするほど、厚化粧の印象になるのだけれど、年齢を経てくると、たくさんメイクをしても似合う肌になる。化粧に負けない自分の存在感も出てくるのだろうか。メイクテクニックも駆使しがいがある。今日はモードな女で行こう、などとメイクを楽しむ余裕も出てきた。

そんなわけで最近は素直にきれいになりたいと思って、白分自身のメイクにも熱が入る。その年齢ならではの美しさ、というものが女性にはある。若いころなら、みずみずしくてハリのある肌。女の子から、女性に変わるころには独特の輝きが肌や表情に現れる。大人の女性になるにしたがって、その人らしさが、顔からも全身の雰囲気からも立ち上がってくる。年齢を重ねることイコール若さを失うことではない。

成熟を手に入れていることとも言えるのではないだろうか。重ねていく年齢に沿って、自分の「きれい」を表現できる人が、ずっときれいでいられる人。背伸びして、大人っぽく見せようとして若さを閉じ込めてはいないだろうか。若さに固執しようとしてはいないだろうか。それでは、その人らしい「きれい」は成熟しなくなる。年齢を味方につける、という考え方がメイクにも必要なのだ。その時々に、一番美しいところを引き立たせる。足りないと思うところは補強する。目立たせたくないところはカバーする。ポイントはその三つだけ。これまでしてきたメイクが、なにかピッタリこない、と感じる日が来るかもしれない。
年齢が高くなると一般的な身体のサイズとは少しずつ違いが生まれてきます。だからと言ってオジサンっぽいスタイルはいやですね。オーダースーツ 東京なら、無理なく体形をカバーした服が作れるのでいいですよ。
今日、ずっと憧れていた水嶋ヒロのような髪型にしてもらうため、二子玉川 パーマでノーマルデザインパーマをかけてもらい、ブラックのヘアマニキュアをしてもらいました。


けれど、この年齢だからこその基本形なのだ。というのも、十代から二十歳過ぎまでについていた顔の肉がスッととれるのがこの時期。みずみずしさを残しながら、女っぽさが出てくる。若さの「質」が変化する時期で、その人らしい顔の輪郭が現れる。十代のころは顔がどんどん変わっていく時期だから、基本メイクを決めようにも決められない。

骨格や筋肉の流れを考慮に入れたメイクの基本は、二十二歳ごろからスタートさせるしかないというわけだ。TPOは色の使い分けでさて、基本のメイクを習得した上で、次はTPOに合わせた応用力。アイシャドウと口紅の色を使い分けることがポイントになる。使い分ける前に、ひとつ大事なことは、自分のベストカラーを決めること。

What's New
2013/09/09 おすすめ記事を更新しました。
2013/09/05 新着記事を更新しました。
2013/09/04 ふさわしいメイクを更新しました。
2013/09/01 自分の顔の特徴を更新しました。
2013/08/30 適量を超えたら毒を更新しました。
2013/08/28 流行りのメイクを更新しました。
2013/08/27 若い時よりも、40歳を過ぎた頃から更にメイクが楽しくなる!?を更新しました。
2013/08/24 ホームページをリニューアルしました。


オススメ紹介
ブライダルヘアメイク エクリュ日本ヘアメイクアーティスト協会ヘアメイク事務所 ゴールドシップ
ブライダルヘアメイクのエクリュは、お客様の魅力を最高に引き出すお手伝いをするプライベートサロンです。ヘアメイクアーティストのために設立された協会のサイトです。技術者の育成や支援活動を行っています。東京都と大阪府を拠点としているヘアメイク事務所のホームページです。